忍者ブログ
Football Managerや KOEIのSLGなどのゲームについて、 つれづれ日記
[PR]
writer:Rakkyo 2017-09-19(Tue)  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Sporting2016/17(5) リーガ挑戦1年目の結果やいかに!?
writer:Rakkyo 2012-02-11(Sat) FM2011(1)-Sporting16/17 
いよいよシーズンは残り9試合。
リーガ復帰1年目にして4位につけるSportingだが、
上位の順位争いはし烈さを増す。

ここまできたら目標はCL圏内だ。
さあ、どうなる。


2017/4/1 第30節 vs Osasuna(13位) Away

ホームのオサスナに支配され一方的な展開。
だが、先制は68分にSportingが挙げる。StoorがCKからの得点。
しかし、ロスタイムに同点にされドローに終わった。

1-1のドロー。


2017/4/8 第31節 vs Celta(18位) Home

昨季は9位とがんばったものの、今季は降格圏にいるセルタ。
いわゆる「降格バネ」か、17分に先制を許してしまう。
しかし、その後は目が覚めたか、一方的な展開に。
すぐに槙野の得点で追いつくと、
後半になってレジェス・バラルが得点し3-1に。

結果、3-1の勝利。


2017/4/16 第32節 vs Villareal(5位) Away

激しく順位争いをするビジャレアルとの直接対決。相手のホームに乗り込んでの試合だ。
相手の4-2-3-1に対して、こちらはPopovをアンカーにおく4-1-2-2-1と、
相手に合わせてがっぷり四つに組む形で試合に臨む。

試合は最初からホームのビジャレアルがボールを支配しつつ進む。

しかし、16分。先制点はSportingに生まれる。
相手にパスカットされたところをDaksonがすかさずチェックにいく。
すると相手のパスミスを誘ってDaksonがボール奪取。
そしてそのまま右サイドを駆け上がって相手SBをかわすとグラウンダーのクロス。
これをロビーニョがこれをスルーし、逆サイドから詰めていた山田がダイレクトで押し込んでゴール!

その後相手に決定機を作られるも槙野のブロックなどもあって、前半は1-0で折り返す。

後半も試合の支配はビジャレアルが握る。

57分、相手にボールを回されると、守備の穴をつかれてシュートを許すがこれはBlahaがセーブ。
さらにそのこぼれ球を拾われピンチが続く。
ここにGaviaoがタックルでボールを奪うが、これがなんと自陣ゴールへ向かってしまう。
あわやオウンゴールかというところでこれをBlahaが掻き出し、ゴールは免れる。

すると今度はSportingにチャンス。
64分。OumarouのボールキープからDaksonへスルーパス。
Daksonはハーフボレーでゴールを狙うがポストをたたいてしまう。

続いて66分。Daksonがボールを奪うと、ロビーニョに預けて前線に。
ロビーニョは僅かにボールをキープすると、Daksonの前にスルーパス。
Daksonはそのままドリブルでエリア内に侵入。
これに引きずられてDFが下がると、真ん中によってきた山田がフリーに。
そこへDaksonからマイナスのグラウンダーパスが入る。
そして山田は狙いしましてゴール右上隅にシュート!
これにはGKも届かずゴール!!2-0とする。

その後もビジャレアルのポゼッションが続くが
今日はBlahaが絶好調。
相手のシュートをことごとくはじき出し零封。

結果、2-0の勝利!これは大きい。


2017/4/23 第33節 vs Malaga(15位) Home

4分にロビーニョが先制すると試合を終始支配するも、追加点のチャンスに決めきれない。
すると70分に同点弾をくらってしまうが、77分にFKの流れからBarralが決勝点。

結果、2-1の勝利。


2017/4/30 第34節 vs Real Madrid(2位) Away

現在2位と優勝争いを演じるレアル。
ホームでは勝利できたが、アウェイでの勝ち点を取ることができるか?

ちなみにレアルの布陣はこんな感じです。

SP16_170430.JPG

ウィルシャーとパストーレが加わっているのが大きい変化でしょうか。
DFラインも変化してますね。
ただセンターDFの二人はカードが多くいまいち安定感にかける。
ケディラとMFを組むCanalesはRacingのユース出身の選手で、
現実でもレアルに所属(今季はバレンシアにローン)している。
ゲーム内では主力になっている。

相手のセンターDF Raduが開始早々の9分に一発レッドで退場。
だがそれでもレアルは強かった・・・
前半40分にパストーレが先制すると、
70分には途中出場したGiulianoに決められジ・エンドw

相手が一人少なくても、アウェイは厳しかった。。。

0-2で敗戦。


2017/5/7 第35節 vs Getafe(11位) Home

ヘタフェの引く戦術にボールが保持できずに苦戦するも、
Barralと山田の得点で2-0.

結果、2-0の勝利。


2017/5/11 第36節 vs Almeria(12位) Home

現在の順位だけみればこちらが優勢のように見えるが、
これまでの対戦成績でいうと3勝4敗2分と微妙に分が悪い。
まあ、2006年の初昇格以来、一度も降格してないという安定感はある。

圧倒的な試合支配でホームのSportingが終始優勢に進めるも、
今日はGKの出来がいまいち。
60分に先制され、67分にBarrlが同点に持ち込むも、
70分に再度失点。1-2と痛い黒星。

結果、1-2の敗戦。
3位バルサとの勝ち点差が1で、この日バルサはValladolidに負けたので、
ここで勝てば3位浮上できたのだが・・・
だが、5位のセビージャも負け、残り2試合で勝ち点差7以上が確定。
4位以上は確定する。

Rakkyo「それよりもバルサのしっぽをつかみ損ねたのが悔しいけどね」
Tejeda「相性の悪い相手っていうのはあるもんですねぇ・・・」


2017/5/14 第37節 vs Sevilla(5位) Away

前半の7分に相手に先制されるも、
前半のうちに相手DF Fazioのオウンゴールが2回あり、相手にほころびが見える。
しかし、こちらも17分に失点して同点とされると38分にも失点。
さらに後半にも1点追加されて終わってみれば2-4の敗戦。

2-4で敗戦で、バルサとの差が4に開き、4位が確定した。
相手のミスにつけこむことができずに敗戦し、結局3位浮上はできなかった・・・
だが、リーガ4位というのは86年シーズン以来、なんと30年ぶりw
この結果にはサポーターも理事会も納得するだろう。


2017/5/21 第38節 vs Espanyol(9位) Away

最終節は古豪エスパニョル。一時期中村俊介が在籍していたところでもある。

19分、山田の左サイドでの突破で、一気に前線にかけあがるSporting。
そして、山田のクロスに合わせたのはベテランのRomanだった。
55分に同点にされたものの、89分にPKをBarralが決めて2-1。

最終節を勝利で飾ることができた。


というわけで、2016/17シーズン終了しての結果

ea11b4ae.JPG

リーガ復帰1年目にしてECC(ヨーロッパチャンピオンズリーグ)のベスト・プレイスト出場。
ここで勝てばECC、負けてもヨーロッパリーグに出場。
来季は監督初のヨーロッパ挑戦となる。(チームは旧UEFA杯6回出場。っていっても一番最後が1991年w)

リーグ優勝はアトレティコ・マドリー。2014年以来3年ぶりになる。
2014年にはヨーロッパ覇者・クラブ世界一にもなっており、
ここ数年の躍進が目覚ましい。
2位のレアル、3位のバルサはもう解説不要か。


選手成績

2db9feac.jpeg

アグエロが得点王。
最多MoMにクリスティアーノ・ロナウドと並んで山田直輝がランクイン。


そして・・・

SP16_ManagerOftheYear.JPG

なんとスペインの最優秀監督に選ばれるwww

SP16_Managers.JPG

偉大な監督たちと並ぶ。

チームも、
SP16_MostImproved.JPG

今季もっとも躍進したチームに選ばれる。
メディア予想18位・・・つまり降格候補だったわけですがw


スポンサー契約も更新された

SP16_Sponser1.JPG

SP16_Sponser2.JPG

これで少しは経営も楽になるか。

今季の収支は81Mの黒字www
ビリオン単位の予算の中で、ぎりぎり赤字を出さなかった程度。
だが、来季は放映権料やヨーロッパでの賞金も期待できるのでもう少し経営をまともにできるはずだ。


Rakkyo「よし、来季に向けて補強を開始するか・・・」
Tejeda「うちの選手にもオファーがきてますが」
Rakkyo「ほう。だれに?」
Tejeda「Oumarouです。」
Rakkyo「ボランチがベテラン頼りだから若手の中心選手だし、売れないだろ、常識的に考えてw」

ところが・・・
SP16_OumarouOffered.JPG

Rakkyo「ちょwwwwおまっwwwwwまたかよwww」

来季のチーム作りにも苦労しそうだ・・・


というわけで、2016/17シーズンが終了。
4位という望外の結果にびっくりしていますw

来季はヨーロッパリーグに参戦となるわけで、
もう1シーズンぐらいやって終了にしようかと思っていますが、
これを続けるのも飽きてきた感がw
というわけで、ちょっと別のゲームの日記をはじめようかと思っています。

それと、このブログはそもそも分家であって、
本家のサイトがあるんですが、こっちが止まっていて、
書くネタはたまりつつあるんで、そっちに復帰しようかとも考え中。
そちらはサッカーやゲームとは関係ない硬派な(たぶんw)サイトですので
ここの読者とはまた違う関心の人向けになると思いますが。

PS.
ずっとSportingと書いてきましたが(ゲーム内でもSporting表記)、
一応国際法律上は、他の国(ポルトガルのが有名でしょうか)の同一チームとの混同を避けるため、
Real Gijon(レアル・ヒホン)と表記するのが正しいようですね。
連載途中で知ったのですが、ゲーム内でもこの表記ですし、これで始めてしまったので、
これからもSportingの表記でいきたいと思います。
PR
この記事にコメントする
nametitle
mailtext
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
pass
この記事へのコメント
よっ!最優秀監督
いきなり4位とは恐れ入ります。
( ゚Д゚)

いよいよ成長性がピークを迎えつつある時期ですが、今度は惰性との戦いになりますよね。一定のレベルまで育てると、飽きてしまう。よくありますw
暁 空也 2012/02/14(Tue) 15:04:16 編集
Re:よっ!最優秀監督
コメントありがとうございます。
はっきり言って、4位は予想外の出来すぎですね。
ロビーニョと山田が予想以上に活躍してくれました(とくにロビーニョw)
しかし、こんなに大陸大会進出が早いとは思ってなかったので、
ホームグロウンが足りずに欠員を設けなければならない事態にwww
とりあえず前回のFM2010もヨーロッパ進出のところでやめてしまっているので、
もう1,2年はやろうとは思いますが、
日記は今までみたいな詳細のものではなく簡易にすませようかと思います。
ただ、やはりJリーグつきデータでの日記をやりたい衝動が強いので、
途中で飽きて新シリーズにいっちゃうかもしれませんが^^;
【2012/02/16 00:17】
この記事にトラックバックする
trackbackURL:
この記事へのトラックバック
新着記事
カテゴリー
アーカイブ
検索
新着コメント
[03 / 22 by Kenty]
[02 / 28 by Kenty]
[02 / 13 by Kenty]
[01 / 17 by 湖林]
[01 / 06 by Kenty]
ブックマーク
カウンター
Admax
忍者Admax
忍者アナライズ
アクセス解析
Powered by [PR]
/ Design by sky hine / PR:忍者ブログ