忍者ブログ
Football Managerや KOEIのSLGなどのゲームについて、 つれづれ日記
[PR]
writer:Rakkyo 2017-09-19(Tue)  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Sporting2015/16(0) スペインでの挑戦はじまる
writer:Rakkyo 2011-10-20(Thu) FM2011(1)-Sporting15/16 
ついに浦和レッズが降格圏へ・・・
しかもダービーで敗戦という・・・
なんとか残留してほしいものです・・・
そして、ナビスコでは優勝してほしい!!


スペイン北岸に位置するヒホンの町。
そこのサッカーチームであるスポルティング・ヒホンは、
若手育成に定評のあるチームでもある。
(ルイス・エンリケ、アベラルド、ダビド・ビジャあたりは記憶に新しいところだろうか)

だが、1998年から10年間2部に低迷。
その後は1部に復帰したものの、ゲーム内では2012/13シーズンで2部降格。
1年での1部復帰を果たしたものの、またも降格の憂き目にあってしまった。
そして、チーム再生を託すべく白羽の矢を立てられたのが、
イタリアで下位からチームを成長させた実績をもつRakkyoだった。
(ゲーム内では第2国籍にスペインをいれているのも影響していると思います)


チームのアシマネは、10年以上務めるTejedaだ。

SP15_Tejada.JPG

能力的にも十分優秀だし、長年チームを支えてきた実績がある。
彼を代える必要はまったくないだろう。

Rakkyo「まずは現有戦力について知りたいのだが?」
Tejeda「では、リーガでの成績も含め一覧にしておきましたので見てください」

名前 ポジション 身長 体重 年齢 契約終了 選手ステータス 試合 得点 アシスト 平均
Juan Pablo GK ESP 187 cm 86 kg 36 \110M 2016.6.30 トップチーム 36 0 0 6.65
Renze Fij GK NED 184 cm 85 kg 22 \19M 2016.6.30 バックアップ 4 (2) 0 0 7.10
Jose Moragon GK ESP 183 cm 78 kg 27 \70M 2017.6.30 バックアップ - - - -
Hernan Pellerano D (RC) ARG 183 cm 71 kg 31 \350M 2017.6.30 キープレイヤー 30 1 1 6.96
Niels Fleuren D (L) NED 176 cm 70 kg 28 \16M 2015.6.30 不要な選手 4 0 1 6.40
Borja Gomez D (LC) ESP 183 cm 80 kg 27 \170M 2017.6.30 不要な選手 0 (1) 0 0 6.50
Malik Fathi D (LC), WB (L) GER 186 cm 86 kg 31 \62.5M 2016.6.30 トップチーム 6 (2) 0 0 6.51
Tomoaki Makino D (LC), WB (L) JPN 182 cm 76 kg 28 \240M 2018.6.30 トップチーム 4 (2) 0 0 6.40
Maza Rodriguez D (C) MEX 191 cm 78 kg 33 \75M 2016.6.30 トップチーム 15 (8) 0 1 6.41
Gregory D (C) FRA 187 cm 89 kg 34 \55M 2016.6.30 不要な選手 24 (1) 0 1 6.69
Gaviao D (C) BRA 185 cm 80 kg 22 \470M 2017.6.30 トップチーム 13 (10) 0 0 6.33
Andreas Hinkel D/WB (R) GER 183 cm 74 kg 33 \310M 2016.6.30 キープレイヤー 27 0 3 7.16
Youssef El-Akchaoui D/WB (L) MAR 174 cm 71 kg 34 \120M 2016.6.30 トップチーム 18 1 2 7.03
Cedric Bockhorni D/WB/M (R) FRA 182 cm 76 kg 31 \10M 2016.6.30 ローテーション 5 (2) 0 0 6.48
Marcel Roman DM, M (RC) URU 175 cm 68 kg 27 \420M 2019.6.30 キープレイヤー 37 (1) 4 3 7.03
Sebastian Eguren DM, M (C) URU 186 cm 84 kg 34 \170M 2016.6.30 トップチーム 23 (5) 1 3 7.09
Gorka Elustondo M (C) ESP 182 cm 73 kg 28 \220M 2017.6.30 ローテーション 6 (5) 0 1 6.49
Verza M (C) ESP 178 cm 68 kg 28 \230M 2018.6.30 バックアップ 15 (2) 0 2 6.67
Dakson M/AM (RLC) BRA 176 cm 75 kg 27 \400M 2018.6.30 トップチーム 23 3 2 6.85
Jerson Cabral M/AM (RL) NED 178 cm 75 kg 24 \40M 2017.6.30 ローテーション 5 (2) 0 1 6.56
Maciej Rybus M/AM (L) POL 172 cm 74 kg 25 \460M 2019.6.30 キープレイヤー 27 (1) 5 2 7.01
Vagiz Galiulin M/AM (L) UZB 175 cm 66 kg 27 \40M 2016.6.30 ローテーション 10 (1) 1 0 6.75
Macnelly Torres M/AM (C) COL 175 cm 71 kg 30 \600M 2017.6.30 トップチーム 30 4 6 7.13
Haruya Ide M/AM (C), ST JPN 165 cm 64 kg 21 \260M 2017.6.30 バックアップ - - - -
David Boysen AM (RC), ST DEN 177 cm 62 kg 24 \30M 2016.6.30 ローテーション - - - -
Angel AM (R), ST ESP 172 cm 63 kg 28 \340M 2017.6.30 トップチーム 22 (2) 6 3 6.78
Mate Bilic ST CRO 180 cm 79 kg 34 \5.5M 2016.6.30 ローテーション 1 (2) 0 0 6.50
David Barral ST ESP             22 (2) 9 0 6.68
Momodou Ceesay ST GAM             19 (1) 4 0 6.46

Rakkyo「一つ聞いていいかな?」
Tejeda「なんでしょう?」
Rakkyo「この戦力で、なんで降格したしwww」
Tejeda「得点力が思ったよりなかったようですね・・・(なんだこの人・・・)」

よく見ると、日本人選手が2人もいた。
一人はケルンから移籍してきた槙野智章。6試合しか出場していないがw
もう一人は、井出遥也。リアルではJEFの有望な若手選手だ。
こちらはまだトップでの出場実績はない。

Rakkyo「まずは個々の特徴を見極めつつ、補強ポイントを練っていこうか」

まずは、目標の設定から
SP14_SeasonAim.JPG

Rakkyo「私に与えられた使命として、昇格は最低条件だろう」
Tejeda「降格したことによって、選手の中にはより高いレベルでのプレイを求めて移籍を希望するものが何人かいます」
Rakkyo「主力5人が移籍志望とか・・・全員うちに必要な選手だ。自分が説得しよう」

とはいえ、人件費予算の余裕がまったくない。
説得が不調ならば放出もやむなしかもしれない。

しかし、「かならず高いレベルへチームを導く」というRakkyoの説得にみな応じ、
全員が移籍志望を撤回した。

Rakkyo「ますます昇格しなければならなくなったな」
Tejeda「おととしも2部で優勝しています。可能な目標でしょう」


獲得選手

とはいえ、賃金予算に余裕がないため、あまり高額な賃金を出せずに移籍交渉は不調。
移籍金予算を減らして賃金へ回し、かなり数を絞った補強へと切り替えた。

では、獲得選手を紹介しましょう。

SP15_Dumbia.JPG
まずは中盤の底で潰し屋として活躍が期待されるフランス出身のDumbiaだ。
テクニック的にはいまいちだが、フィジカルと運動量は驚異的。
Monsから27.5Mと格安で獲得した。

SP15_Larsson.JPG
次は、ベテランながら、守備技術とインテリジェンスの高いスウェーデン代表のLarsson。
なにより、ベテランで勝利意欲・積極性などの高い選手は、ディフェンスリーダーとしても期待できる。
自由移籍で獲得。

SP15_Yamada.JPG
前作のCultural編に続いてスペインに呼んできた山田直輝。
フランスのトゥールーズから220Mの移籍金で獲得。
リアルではスペ体質でチャンスを生かせていないが、
小柄ながら当たりに強く強靭さも13になっている。
高い創造性でチームの攻撃に彩りを与えてほしい。
(決定力はもうちょっと高くてもよくないか?wとレッズ・サポの中の人は思ったりしてますがw)

この3人が主力級。ほかは控え、あるいは先行投資だ。

SP15_Bil.JPG
PSGからレンタルしたサイドバック。能力的に控えになるだろうが・・・
左サイドバックの「不要」となっていた二人は自分の就任前に移籍が決定しており、
実質左SBができる選手が槙野含め二人。もう一人は34歳のベテランということも考え、
怪我などのリスクも考慮して控えとして獲得した。

SP15_Pablo.JPG
将来性を買って、UD.Logronesから18Mで獲得。
17歳で決定力14はかなりいい。
チームワークや運動量が高いのも評価したポイント。

SP15_Bosch.JPG
彼も将来性を見込んでVillarealの下部チームから27.5Mで獲得。
19歳ながらタックル・マーキングの技術が10以上あり、その他も秀でたところがあるので獲得。
成長すれば、チームの左サイドを任せることもできるだろう。

獲得したのは以上の6人。
山田直輝を獲得したのはもちろん趣味ですが(マテ
鍛えようによってはメッシみたいな選手になれるんじゃないかと思ってるんですけどねえ・・・
山田をどう使うかというアイディアもすでにあります。
FWを取らなかったのも、現有戦力を生かし、課題の得点力を伸ばす戦術をすでに考えてあったから。
次回はその辺のことも踏まえてシーズン前半ぐらいをざっとレポートする予定です。
それではまた。
PR
この記事にコメントする
nametitle
mailtext
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
pass
この記事へのコメント
この記事にトラックバックする
trackbackURL:
この記事へのトラックバック
新着記事
カテゴリー
アーカイブ
検索
新着コメント
[03 / 22 by Kenty]
[02 / 28 by Kenty]
[02 / 13 by Kenty]
[01 / 17 by 湖林]
[01 / 06 by Kenty]
ブックマーク
カウンター
Admax
忍者Admax
忍者アナライズ
アクセス解析
Powered by [PR]
/ Design by sky hine / PR:忍者ブログ