忍者ブログ
Football Managerや KOEIのSLGなどのゲームについて、 つれづれ日記
[PR]
writer:Rakkyo 2017-12-12(Tue)  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Aversa14/15(6) 最終回後編) 残留争いの結果、そして・・・
writer:Rakkyo 2011-10-10(Mon) FM2011(1)-Aversa14/15 
さて、今回でセリエA1シーズン目最終回です。

10月7日の日本vsベトナムは、どうもぐだぐだでしたね。
槙野が一人目立ってましたがwww

そして、私が応援する浦和レッズがナビスコ杯決勝進出!
リーグ戦がもうダメなだけにカップ戦でもタイトルを取ってほしいところです。
あと、ちゃんと残留してくれればw


第30節    2015/3/22    vs Reggina(19位) Home

19位のRegginaが相手。
一戦一戦、残留がかかる・・・
文字通り「負けられない戦い」w

35分、Ferriのロングフィードに相手DFとSucciが競る。
ボールは相手DFがクリアしたかと思ったが・・・
オウンゴールwwwwww

が、試合はお互い潰しあい、ほとんど両チーム、シュートすら打てない状況。
60分、相手のギリシア代表左SB・Spyropoulosが一発レッドが退場すると、
完全に荒れた試合にw
結局、イエロー6枚・レッド1枚。
シュートはこちら4本(枠内1本)、相手5本(枠内0本)と、
下位どうしにふさわしい低調な試合になった・・・

が、何はともあれ、1-0で勝利!

もうほぼ残留は絶望的になっているLecceがParmaに勝利
これは他の残留争い中のチームとしてはラッキー。
Sampdoria敗戦
Roma勝利


第30節終了時点
順位 チーム 勝ち点
14 Roma 36
15 Aversa Normanna 34
16 Sampdoria 33
17 Parma 28
18 Atalanta 27
19 Reggina 17
20 Lecce 9



第31節    2015/4/4 vs Parma(17位) アウェイ

相手も降格回避に必死のParma
厳しい戦いになることが予想される。

24分、中盤の要Ariniが負傷退場すると、完全に相手ペース。
だが、43分。
長友のクロスに合わせようとしたDani Sanchesが倒されてPK獲得。
これをSucciが決めて先制!
だが、45分、相手にあっさり決められて同点とされる。

後半はさらに相手ペース。
だが、10本以上のシュートを浴びるも無失点に抑え、1-1のドロー。


その他の結果は、
Sampdoria勝利
Lecce敗戦
Atalanta敗戦
Reggina敗戦
RomaがMilanと引き分け

第31節終了時点
順位 チーム 勝ち点
14 Roma 37
15 Sampdoria 36
16 Aversa Normanna 35
17 Parma 29
18 Atalanta 27
19 Reggina 17
20 Lecce 9



第32節    2015/4/12    vs Lecce(20位) アウェイ

ぶっちぎり最下位のLecce相手。
ここで勝ち点3を稼げれば大きい。

32分、Dani Sanchesのゴールで先制。

だが、後半Troestがオウンゴールを献上。
全体としてはホームのLecceが試合を支配。
1-1の引き分けに終わった。

Rakkyo「うはwww人のこと言ってる場合じゃなかったwww」
(第30節のParmaがLecceに敗戦した件)

RomaとAtalantaが引き分け
Regginaが負け
Parma負け
Sampdoria負け

第32節終了時点
順位 チーム 勝ち点
14 Roma 38
15 Sampdoria 36
16 Aversa Normanna 36
17 Parma 29
18 Atalanta 28
19 Reggina 17
20 Lecce 10



2015/4/18
Sampdoria、Parmaともに上位と対戦し敗戦


第33節    2015/4/19    vs Roma(14位) ホーム

勝てば14位浮上できる。
だが、腐ってもRoma。
アウェイで勝ってるがどうなるか・・・

最初からがんがんローマの攻勢!!!
守備に追われるAversaイレブン。

31分、ついに均衡が敗れる。
Kadlecが個人技でゴール。

さらに攻勢を強めるローマ・・・
どっちがホームかわかんねえええええええw

だが、シュートわずかに2本に抑えられていたAversaに幸運の天使が舞い降りた・・・
72分。ボランチからの組み立てから前線へボールを入れるが、
エリア内でBernacciが倒されてクリア!
当然PKかとおもいきや、主審の判定はノーファール・・・

Rakkyo「まじかああああああああああああああああああ」

81分、Succiが前線でボールを奪うと、奪われたDFがたまらずファールし、PK獲得!!

Rakkyo「今度こそ、きた・・・決めてくれ!」

これをSucciが自ら決めて1-1!

最後はがちがちに引いて守って終了w
まじ、アウェイみたいな戦いでしたw(審判の判定含めて)

試合後、記者会見で、72分のプレイについて聞かれ、

Rakkyo「当然PKだ。審判は何やってるんだ!」

そして・・・
AN14_2015AfterRoma.JPG

Baltazar「懲りない人ですね・・・」
Rakkyo「めんぼくねえ・・・」

その他の試合は、
Lecce引き分け
Regginaが負け(対Inter)
Atalanta負け(対Napoli)

他の下位陣が上位との試合だった日。
Roma相手だったがホームだったので勝っておきたかった
勝てばRomaと勝ち点で並んだのだが・・・

第33節終了時点(残り5試合)
順位 チーム 勝ち点
14 Roma 39
15 Aversa Normanna 37
16 Sampdoria 36
17 Parma 29
18 Atalanta 28
19 Reggina 17
20 Lecce 11



第34節    2015/4/25    vs Fiorentina(8位) ホーム

連続で引き分けが続くチームに、微妙な空気が漂う。
しかも長友がイエロー累積で出場停止。Restaが先発出場。
さらに監督もベンチ入り禁止wwwwwww

だが、試合開始直後から選手の士気は高い。
8分。DFからの組み立てから2本のダイレクトパスでBernacciにボールが入る。
Bernacciはドリブルで右サイドに開くと、DFをかわすと見せかけてマイナスのクロス。
これに走りこんだAriniがハーフボレーで合わせてシュート!
GOAAAAAAAAAAAAAAAAL!!!

しかし地力では相手が上。
その後はフィオレンティーナの猛攻。
しかも、相手のシュート精度が高い高い・・・
Braciglianoのファインセーブがなければ2失点はしてたな・・・
だが、前半は1-0で折り返す。

しかし、67分。
センターDFの間に出されたスルーパスの処理に手間取り、エリア内で混戦に。
その中から相手にシュートを打たれ失点。
ついに同点に追いつかれる。


しかし、80分。
スローインからSucciが一気に左サイドを突破。
そこから中へ切れ込むと追い越していくAriniへスルーパス。
そしてAriniは角度のないところからシュート!
GOAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAL!!!
2-1と勝ち越し!


だが、これでヒートアップしすぎたか、Restaが2枚目のイエローをもらい83分に退場。
すでに交代のカードを3枚使い切っていたので3バックにして対応。がちがちに引かせる。

そしてロスタイム。
Aversaのエリア手前からのFK。
おそらく、これがラストプレイ。
直接狙ってくるだろうと誰も思ったその時だった。
FKは壁の左サイドに開いていた相手選手へのパス。
そして、そのまま鋭いシュートがゴールへ飛ぶ・・・!
GOAAAAAAAAAAAAAAAAAAL!!!
2-2の同点。
そして試合終了。


勝ちたかった。
だが、Fiorentina相手に引き分けたということでいいのかもしれない。


2015/4/26

その他の試合結果
Lecce引き分け
Atalanta、Sampdoria敗戦
Parma勝利
RomaがReggina相手に勝利

第34節終了時点(残り4試合)
順位 チーム 勝ち点
14 Roma 42
15 Aversa Normanna 38
16 Sampdoria 36
17 Parma 32
18 Atalanta 28
19 Reggina 17
20 Lecce 12

残り4試合で18位との差が勝ち点10
次の試合勝つか、Atalantaが負けると残留が決定する。
ちなみに次節は、
5/2 Atalanta vs Inter
5/3 Bologna vs Aversa


2015/5/2

Atalantaが敗戦(vs Inter)
これによって、試合を前にして残留が決定。

Rakkyo「ユーベ・インテル・ナポリとの対戦より前に昇格が決まってよかった・・・」

最後はあっけなく決着。
ぶっちぎりの降格候補にあげられていただけに、
残留を喜んでいいのかもしれない。
だが、来季以降のことを考えると気が重いのも正直なところ・・・
今季のプレイはこれまでにないほどハードでしたw
ゲームしてんのにストレスとか・・・w


その後は、出番の少なかった選手を使ったり、若手を試したりと勝つ気なしの采配。

というわけで試合結果だけをw

AN14_Result4.JPG

最後はきっちり4連敗しましたw
予定通りですよ、えぇ。


シーズン終了の結果
AN14_EndLT.JPG

Juventosがスクデット獲得。
今季は最初からずっと独走でした。
ウディネーゼ、パレルモは、ゲーム内では好調。
毎年のようにECCかEC出場圏内に入ってます。
ラツィオは久々のEC出場。
ミランがまさかのヨーロッパ大会出場権なしでの終了。
ローマも結局14位。
Lecceのネスタ監督は、就任前は勝ち点わずかに1だったところから勝ち点15にはしましたが、
最初の出遅れは覆せませんでした。

AN14_EndPL.JPG

Ferriのタックル力は異常w


来季に向けてすぐにでも動かなくては、と思っていたRakkyoのもとにクラブからの呼び出しが・・・
そして、その内容は

「スペインのSporting、Rakkyoに監督就任をオファー」

というものだった。

Sportingはすでに2部への降格が決定。
監督を解任し、来季の監督を探していたのだ。

Rakkyo「このままセリエAでの挑戦を続けるか、それとも新たな挑戦に踏み出すか・・・」

そして、Rakkyoの選択は・・・

Rakkyo「そのオファー、お受けしましょう」

もともと、もっとチームを渡り歩くプレイをしたかった。
ぜったい降格と思われたチームを残留させた手腕が評価されたのだろう。
スポルティング・ヒホンなら、いまとは違うチーム作りができそうだ。

アベルサでヨーロッパ大会出場までもってくのも考えたが、
先が長そうでwww

5月25日、RakkyoはAversaを辞任し、Sportingの監督に就任。
Aversaは新たな監督を探すことになった。
また、大量にスタッフが辞任。スタッフの採用も急がねばならない。
その3日後、Aversaは借金をしてだが、スタジアムの大幅拡張を発表。
チームは新たな段階に向けて準備に入ることになる。


というわけで、今回でアベルサ編は終わりです。
次回は今季のまとめと、Aversa時代の財政関係の推移についてレポートしたいと思います。

それでは、また。
PR
この記事にコメントする
nametitle
mailtext
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
pass
この記事へのコメント
この記事にトラックバックする
trackbackURL:
この記事へのトラックバック
新着記事
カテゴリー
アーカイブ
検索
新着コメント
[03 / 22 by Kenty]
[02 / 28 by Kenty]
[02 / 13 by Kenty]
[01 / 17 by 湖林]
[01 / 06 by Kenty]
ブックマーク
カウンター
Admax
忍者Admax
忍者アナライズ
アクセス解析
Powered by [PR]
/ Design by sky hine / PR:忍者ブログ