忍者ブログ
Football Managerや KOEIのSLGなどのゲームについて、 つれづれ日記
[PR]
writer:Rakkyo 2017-02-27(Mon)  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Aversa14/15(1) セリエA、ついに開幕!
writer:Rakkyo 2011-09-18(Sun) FM2011(1)-Aversa14/15 
リアルではCLも開幕し、いよいよヨーロッパサッカーも熱くなってきました。
さて、セリエA開幕。降格回避に向けた戦いがはじまる。


新シーズンに向けて、スタジアムが少し拡張。6000人収容となった。

また、DF陣の補強によってキャプテンだったGolliardの出番が少なくなりそうだったので、
なぜかここ数年影響力が上がっていたAriniを新キャプテンに指名。
自分が就任前のセリエD時代から所属。
中盤を支えてきた準生え抜きの指名に、ほかの選手も納得。

守備的に戦わなければならないことを考えて、新戦術として5-3-2の戦術を用意。
それを使ったプレシーズンの結果。

AN14_pre_match.JPG

最後のリザーブ戦を除いて、5-3-2を使用。
まずまずの結果だが、それでもまだ浸透してない。
さいしょは使い慣れた4バックを使用したほうがよさそうだ。


第1節 2014/8/31 vs Sampdoria Away

5バック戦術はまだ浸透していないので、使い慣れた4-2-1-2-1で臨む。
DF4人は総入れ替え(Ferriは復帰だが)とFW一人が入れ替わり、MF陣はそのままという感じ。
AN14_FM42211.JPG
このメンバーが今季のメインになるだろう。

サンプドリアはカッサーノ君が健在。(リアルでは会長と喧嘩して放出)
毎年20ゴール近くを決め、チームに貢献している。

後半終了間際まではよく耐え抜いた。
しかし、82分に失点。
85分、相手のタックルしたボールがオフサイドポジションにいた途中出場のVinkのところに転がり、これをゴール右隅に決めてラッキーな同点弾。
しかし、90分、今度はこちらのタックルしたボールが相手FWに渡って失点。
惜しくも1-2の敗戦となった。


第2節    2014/9    vs Udinese(昨季14位)    Home

ホーム開幕戦。
選手の適正から4-2-1-1-2へ変更。

AN14_FM42112.JPG
相手にはエクアドル代表FW、Caicedo
ギリシア代表のトップ下Ninis、DFのPapadopoulos、
チリ代表の右MF・Alexis Sanchesに、イタリア代表左MF・Pepe。
アンカーにはガーナ代表Asamoah・・・
って、全員代表歴あるじゃん!w
これで昨季14位ですか。そうですか・・・。

前半はなんとかしのぎ0-0で終わる。

54分、CKからCaicedoに決められて失点
56分、FWを追い越したAriniがフリーでシュートを決め、同点に追いつく
58分、Lensのポスト直撃したシュートがCaicedoWの前に飛び、そのまま詰められて勝ち越し。

この5分のできごとで終了・・・
またも1-2の敗戦
セリエA初勝利は遠い・・・
初勝利っていうか勝ち点すら・・・


第3節 2014/9/21 vs Palermo(昨季5位) Away

ウルグアイ代表のFWコンビAbel HernandezとSebastian Fernandezが活躍。
とくにHernandezは毎年20ゴール近い。
さらに今季からInterからMottaが加入。
唯一の隙と言えば、Cesena出身の23歳GK・Teodoraniぐらいか。

試合開始から完全にPalermoペース。
こちらはほとんどシュートすら打てずに試合は進む。
だが、Ferriの予測力を生かした守備と、決定機に何度も神セーブを連発したChabertのおかげで失点にはならず。
このままスコアレスドローになるかと思われた89分。
相手の攻撃をいったんはクリアするも、こぼれ球を拾われて再度エリア内に放り込まれる。
そこへAriniが相手と競ったところをファールを取られPK!
これを決められて0-1に。
そして試合終了・・・
セリエA初勝ち点は目の前で消えてしまった・・・
しかし、チーム1走り回った(ただ一人10kmオーバーの12.5km)Ariniを責めるものはいなかった。
若いGKを突く以前に、そこに行くことすらほとんどできずに敗戦となってしまった。


第4節 2014/9/25    vs Catania(8位) Home

森本、Maxi LopezのFWコンビだけでAversaの賃金全額に匹敵・・・
二人ともここ3年間、10点以上ゴールを挙げている。

コンディションの関係でボランチをAriniとRodriで組み、Borzaniをベンチへ。
中央のMFはDani Sanchesを起用。4-2-1-1-2で臨む。

相手は森本と、ドイツの元ユース代表Julian Scieberの2トップ。
Maxi Lopezはベンチだ。

前半は、こちらもそれなりにチャンスを作るも0-0で折り返す

51分、CKから失点。またも失点から・・・セットプレイに弱い。

61分、右サイドFerriを基点にBergnougnouxのスルーパスからSucciが得点。同点に追いつく。

63分、疲れを見せていたDani Sanchesに代えてPorcino投入。

68分、森本と交代でMaxi Lopez登場。

77分、このまま引き分けに持ち込もうとボランチのRodriをBorzaniと交代。
FWのBernacciも疲れていたのでVinkに交代、という指示を出した直後・・・
右サイドを崩され、クロスをSchieberに頭で合わされて失点。決定力17は伊達じゃないな・・・

守備的にいくつもりだったがプランが狂い、超攻撃的にしてリスク覚悟で攻めに行かせる。
そういう練習はあまりしてないが、1-2だろうが1-3だろうが負けは負けだ。

88分、Ariniが2枚目のイエローで退場。やはりボランチもできるといってもセリエAでは厳しいか・・・
ここは交代の判断を間違った気がする。

89分、しかし、左サイドを突破したSucciのクロスにVinkが合わせて土壇場で同点!
ロスタイム3分は長かった・・・
が、2-2のドロー!
セリエAで初めての勝ち点をつかんだ瞬間だった。

この間、4試合中無得点は1回。攻撃陣が通用していることはうれしい。
新加入のBernacciにまだ得点がないが、高さは有効のようだ。
そのBernacci加入で危機感を覚えたか、Vinkが途中出場で2得点していて、これで相当助かっている。

一方、Ariniはキャプテンという気負いからか、少し空回り気味。
PK献上に退場と、あまりいいところがない。


第5節 2014/9/28    vs Cagliari(昨季16位)    Away

降格争いするであろうカリアリが相手。
前節レッドカードで出場停止のキャプテンAriniを欠くAversaは5-2-1-2の布陣を試す。

48分、CKの競り合いでTroestがファールでPK献上。微妙な判定だが・・・
これを決められ先制を許す。

80分、CKからBernacciがヘッドで決めて同点!
しかし・・・・
84分、スルーパスから相手FWにGKまで抜かれて失点。

また、追いつきながら突き放される展開で敗戦。
踏ん張りが利かない・・・
DF陣ではLurinkがそのインテリジェンスの高さでパスカットを連発、活躍したのだが・・・
初先発のLippmanは普通の出来。
TroestのPK献上が悔やまれる。

Bernacciの初得点も好材料ながら勝ち点を取れないのでは降格圏脱出はできない・・・


9月までの5試合を終えて4敗1分の勝ち点1
全敗しているRegginaとLecceに次いで18位w
シーズン開始からセリエAの洗礼を受けた形だ。
だが、攻撃がまったく通用していないわけでもないところが光明か。
大補強(まあ額はあれですがw)したDF陣のチームワークがそろって来れば、
少しずつ勝ち点を積み上げていくことも可能なはず。

次回は、ウィンターブレイクぐらいまでは進めたいです。
セリエAでのAversaの戦いに乞うご期待。
PR
この記事にコメントする
nametitle
mailtext
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
pass
この記事へのコメント
この記事にトラックバックする
trackbackURL:
この記事へのトラックバック
新着記事
カテゴリー
アーカイブ
検索
新着コメント
[03 / 22 by Kenty]
[02 / 28 by Kenty]
[02 / 13 by Kenty]
[01 / 17 by 湖林]
[01 / 06 by Kenty]
ブックマーク
カウンター
Admax
忍者Admax
忍者アナライズ
アクセス解析
Powered by [PR]
/ Design by sky hine / PR:忍者ブログ