忍者ブログ
Football Managerや KOEIのSLGなどのゲームについて、 つれづれ日記
[PR]
writer:Rakkyo 2017-11-22(Wed)  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Aversa10/11(6) 2010/11シーズン総括
writer:Rakkyo 2011-04-03(Sun) FM2011(1)-Aversa10/11 
前回更新の翌日、3月11日の大地震はすごかったですね。
東京の西の端に住んでいるのですが、それでもかなり揺れました。
と思ったら東北地方はそんなものではなかったという・・・
今回の地震で亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、
被災された方へお見舞い申し上げます。
さらには福島第一原発の状況はいまも予断を許さない状態が続いています。
物理を専門にしていた私から見れば、今後も事態が悪化する危険性はかなり高いです。
現場は放射能汚染で作業もままならない状況かと思いますが、
なんとか収束に向かってほしいと願うばかりです。
東京も計画停電などでしばらく混乱していましたが、
みな必死で平常の状態に戻そうと努力している感じですね。
ゲームのブログとか自重しようと思ってましたが、
けっこうアクセスもあるので、ちょっとずつ進めていこうかと思います。
携帯からでも読めるので、少しはこれが息抜きになればいいなと思います。


実は、いろいろな混乱で仕事がペンディングになったりで、暇な時間が増えました・・・
で、ゲームはかなり進んでいますw
ってことで、内容的にはかなり駆け足でいこうと思います。


今回は、前回の予告どおり、最初のシーズンを総括するところから入りたいと思います。

シーズン結果的には、最後に1敗はしましたが、
セリエC2/C優勝
セリエC2スーパーカップ優勝
セリエCカップ優勝

と、まあ下位リーグ・カップ戦ながら3冠と上々の出だしでした。


選手の成績はこんな感じです↓

ポジション 名前 試合 得点 アシスト MoM パス率 タックル ドリブ 枠シュート イエロー レッド 平均
GK Simone Pettinari 41 0 0 0 77% 0.00 0.00 0% 0 0 6.88
GK Antonio Polise 1 0 0 0 47% 0.00 0.00 0% 0 0 6.60
GK Bernardino D'Agostino - - - - - - - - - - -
D (RC) Fabio Galante 39 5 2 5 69% 0.88 0.13 57% 5 0 7.12
D (RL) Michele Ferri 38 (2) 1 9 3 72% 2.58 0.39 0% 6 0 7.26
D (RC) Francesco Campanella 11 (4) 0 1 1 64% 1.50 0.16 0% 2 0 6.96
D (RC) Giuseppe Mattera 4 (6) 1 0 0 70% 1.28 0.00 0% 1 0 6.89
D (R) Gaetano Letizia 4 (5) 0 0 0 76% 1.71 0.43 0% 1 0 6.74
D (LC) Rosario Di Girolamo 38 0 6 1 70% 1.81 0.36 18% 2 0 7.03
D (L) Daniele Farella 1 (4) 0 0 0 69% 1.36 0.00 0% 0 0 6.23
D (C) Salvatore Gallo 31 7 1 4 64% 1.46 0.00 42% 5 1 7.37
D/WB (R) Danilo Pistillo 2 0 0 0 66% 2.50 1.00 0% 1 0 6.95
DM, M (C) Domenico Cristiano 33 (1) 5 6 3 81% 3.54 0.28 23% 6 0 6.94
DM, M (C) Mariano Arini 33 (3) 10 1 4 73% 4.27 0.39 31% 5 0 7.16
DM, M (C) Davide Petagine 7 (5) 0 0 0 78% 1.94 0.14 0% 0 0 6.58
M (C) Emiliano Massimo 1 (9) 0 0 0 74% 5.20 0.97 0% 0 0 6.78
M/AM (R) Simone Tovalieri 7 (1) 1 5 1 72% 1.58 2.50 0% 3 0 7.21
M/AM (L) Massimiliano Ammendola 7 (1) 1 1 0 71% 2.41 1.89 0% 0 0 6.73
M/AM (L), ST Vincenzo Guglielmelli 1 (8) 0 1 0 78% 1.06 1.06 25% 0 0 6.60
M/AM (L), ST Fabio Longo 0 (12) 2 3 0 75% 0.92 1.54 28% 0 0 6.83
M/AM (C) Gaetano Porcino 17 (9) 4 2 0 75% 1.32 0.46 36% 2 0 6.83
M/AM (C) Cosmo Palumbo 13 (16) 5 0 0 74% 1.68 0.37 16% 3 0 6.85
AM (RLC), ST Enrico Chiesa 2 (12) 1 4 0 76% 0.97 0.58 0% 1 0 6.73
AM (L), ST Daniele Sciarra 34 5 7 2 79% 1.21 0.90 28% 4 1 6.92
AM (C), ST Gaetano Grieco 21 4 3 0 75% 1.09 1.14 35% 1 0 6.77
AM (C), ST Kevin Vink 12 (3) 7 4 2 65% 0.51 0.51 44% 2 0 7.04
ST Umberto Prisco 21 (3) 5 1 2 74% 1.69 0.21 38% 3 1 6.82
ST Luca Martone 37 (3) 9 9 5 73% 1.52 1.81 47% 3 0 7.02
ST Vincenzo Pisani 6 (12) 2 1 0 72% 1.33 0.55 46% 0 0 6.57

チーム得点王は10得点のAriniだった。ミドルやFWを追い越しての得点など、パターンもさまざま。
次が9得点9アシストと活躍したMartoneだ。
この二人が一番活躍するとは正直意外だった。

3トップの左側を任せることが多かったSciarraも5得点7アシスト。
なんだかんだいって元からのFW陣も点を取っている。
そして1月加入ながら7得点4アシストと後半戦の好調を支えたVinkは今後も中心選手となるだろう。
DF陣もFKやCKから得点することが多かったし、サイドDFからのアシストも目立つ。
アシストという意味ではボランチのCristianoも活躍した。

トップ下のGriecoが正直期待はずれ。
若手の2番手として獲得したPorcinoとほぼ同じ成績とかどうよ?w
チーム最高給だけに放出は正解だろう。

守備面では、やはりGalanteやGaloの高さが利いていた。
そしてボランチやサイドDFのタックルによるボール奪取も目立つ。
相手のチャンスを事前に摘んでいたことが安定した試合運びにつながっていたように思う。


さて、今後だが、レンタルの選手が抜け、Griecoも移籍が決まっている。
Galo辺りは来期もレンタルしたいが、それが許されるのか。カードが多いのも気になるから別に探したほうがいいかもしれない。
サイドアタッカーがほとんど壊滅的で、
セリエC2やセリエCカップではアシストをそれなりに生み出してはいたが、
今後も活躍できるかといえば微妙。
今後の戦術との兼ね合いでどのような補強を行うか、考えるべきことは多い。

次回から新シーズン。セリエC1での戦いが始まります。
それでは。
 

PR
この記事にコメントする
nametitle
mailtext
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
pass
この記事へのコメント
この記事にトラックバックする
trackbackURL:
この記事へのトラックバック
新着記事
カテゴリー
アーカイブ
検索
新着コメント
[03 / 22 by Kenty]
[02 / 28 by Kenty]
[02 / 13 by Kenty]
[01 / 17 by 湖林]
[01 / 06 by Kenty]
ブックマーク
カウンター
Admax
忍者Admax
忍者アナライズ
アクセス解析
Powered by [PR]
/ Design by sky hine / PR:忍者ブログ