忍者ブログ
Football Managerや KOEIのSLGなどのゲームについて、 つれづれ日記
[PR]
writer:Rakkyo 2017-02-27(Mon)  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Aversa12/13(5) セリエB、1年目を振り返る
writer:Rakkyo 2011-05-03(Tue) FM2011(1)-Aversa12/13 
さて、今回は、監督就任3年目、セリエB初挑戦の年を総括していきたいと思います。


まずは、リーグ順位など。

AN12_LTEnd.JPG

降格圏からは勝ち点15ポイントと余裕をもって終われたが、
昇格プレイオフを狙うには、さらに20ポイントから、25ポイントの勝ち点の上積みが必要となる。

AN12_LTEnd2.JPG

立ち上がりの調子のよさはどこへいったのやら・・・
11月ぐらいから失速し、年明けには引き分け挟んでの5連敗。
逆に言えば、最初の貯金のおかげで終始降格のプレッシャーからは自由だった。


選手の個人成績

ポジション 名前 試合 得点 アシスト MoM パス率 タックル ドリブ 枠シュート イエロー レッド 平均
GK Simone Pettinari 5 0 0 0 52% - - - 0 0 6.78
GK Filippo Perucchini 38 0 0 0 58% - - - 0 0 6.65
D (RL) Michele Ferri 34 1 9 2 69% 4.34 0.74 0% 1 1 6.97
D (RC) Francesco Campanella 13 (8) 0 0 0 63% 3.51 0.36 0% 0 0 6.67
D (R) Gaetano Letizia 1 (2) 0 0 0 75% 1.61 - - 0 0 6.70
D (RL) Pietro Resta 31 (3) 0 0 0 70% 2.26 0.45 0% 2 0 6.81
D (LC) Rosario Di Girolamo 10 (5) 0 0 1 59% 1.81 0.09 0% 1 0 6.95
D (C) Ludovic Golliard 38 4 0 4 61% 1.03 0.08 43% 1 0 6.86
D (C) Alessandro Ligi 1 (1) 0 0 0 73% 0.96 - - 0 0 6.60
D (C) Mohamed Lamine Traore 35 3 1 2 60% 1.27 0.12 0% 7 1 6.64
D (C), DM, M (C) Yrondu Musavu-King 27 (2) 0 0 0 74% 3.08 0.08 0% 1 0 6.82
D/WB (L) Marcello Possenti 13 (6) 0 1 1 73% 4.53 0.15 0% 1 0 6.79
DM, M (C) Domenico Cristiano 11 (14) 0 0 0 73% 3.11 0.19 0% 0 0 6.57
DM, M (C) Mariano Arini 40 (1) 3 1 2 72% 4.74 0.22 32% 3 0 6.85
DM, M (C) Davide Petagine 1 (5) 0 0 0 72% 0.43 - 0% 0 0 6.67
M (LC) Francesco Zolfo 8 (1) 1 2 0 75% 4.60 0.28 0% 0 0 6.86
M (C) Simone Calvano 3 (1) 0 0 0 83% 4.06 0.29 0% 0 0 6.75
M/AM (RC) Gaetano Porcino 24 (12) 2 5 1 80% 2.59 0.08 40% 0 0 6.67
M/AM (RC) Dani Sanchez 22 (5) 2 3 0 75% 1.24 1.05 33% 0 0 6.70
M/AM (R) Simone Tovalieri - - - - - - - - - - -
M/AM (L) Giulio Grifoni 5 (2) 0 0 0 77% 0.98 1.18 0% 0 0 6.54
M/AM (C) Bryan Bergougnoux 25 (6) 4 1 2 76% 1.86 0.42 33% 0 0 6.66
M/AM (C) Carmelo Scarano 7 (5) 0 0 0 69% 1.59 0.73 0% 0 0 6.44
AM (C), ST Kevin Vink 31 (1) 7 4 1 67% 1.82 0.43 40% 2 0 6.77
ST Nicola Amoruso 18 (11) 6 2 2 76% 1.85 0.33 55% 0 0 6.76
ST Eddy Putter 9 (7) 3 1 1 74% 0.60 0.60 20% 0 0 6.52
ST Davide Succi 27 (6) 6 6 2 77% 1.15 1.34 44% 2 0 6.74
ST Vianney Labejot 3 (12) 0 1 0 66% 2.06 1.62 38% 0 0 6.46
ST Luca Martone 2 (6) 0 0 0 66% 1.89 - 0% 1 0 6.39
ST Jurgen Pandiani 1 0 0 0 0% 2.12 - - 0 0 5.70

得点が少なすぎるが、そもそも攻撃の時間が少なすぎた。
これは中盤でのボールルーズが響いている印象だった。
とくにDF陣のパス成功率の低さは、ボールが前線にまで渡っていない証拠。
平均評価が7以上になった選手がいないというのも、チーム状況をよくあらわしているだろう。
そして、もっともよかったFerriは来季移籍が決まっている。
FW陣の能力的に劣るとは思えない。
そこまでボールが渡らないのが問題だろう。
守備の強化のみならず、中盤のゲームメイク、パスワークの強化が必要だ。



チームのインフォメーションからスタッツを抜き出してみた

チーム 順位 シュート数 枠内シュート 得点 パス パス成功 タックル タックル成功 ヘディング ヘディング成功 ファウル ミス 失点ミス 失点 クリーンシート数
Vicenza 1 629 241 83 13872 10446 2001 1355 1795 1177 590 550 8 36 19
Reggina 2 711 248 89 14618 11593 1978 1366 1815 1207 675 488 6 42 22
Cagliari 3 685 240 74 13376 10439 1704 1127 1633 902 529 450 7 38 19
Cezena 4 564 198 62 14263 11328 1720 1128 1548 950 531 531 8 44 17
Modena 5 509 189 55 13951 10899 1803 1213 1606 1012 520 524 10 41 20
Brescia 6 599 213 75 14689 11301 1786 1140 1815 1263 524 541 3 40 19
Sassuolo 7 457 160 57 13944 10687 1797 1227 1689 1120 633 503 5 33 22
Empoli 8 556 194 66 13569 10321 1881 1282 1835 1077 552 503 9 49 16
Novara 9 484 152 45 15291 12257 1769 1230 1416 861 536 494 10 53 14
Ascoli 10 423 131 45 14481 11292 1677 1179 1652 1098 558 464 5 41 17
Padova 11 434 132 39 14026 10842 1581 1055 1632 1027 497 495 3 47 15
Torino 12 511 193 42 15344 11940 1770 1170 1686 1069 579 488 3 42 16
Pescara 13 531 181 48 15787 12678 1571 1007 1665 1060 507 543 7 48 16
Aversa 14 314 119 42 12637 8758 1628 1075 1851 1240 523 632 17 55 13
Ternana 15 472 166 54 13876 10480 1565 1065 1679 988 505 519 10 62 13
Verona 16 471 153 40 12655 9282 1564 1036 1755 1076 461 573 8 52 12
Triestina 17 514 172 48 13091 9969 1753 1169 1707 1100 661 486 11 57 11
Grosseto 18 481 163 54 13927 10784 1873 1284 1723 1066 629 496 12 76 9
Cremonese 19 482 172 45 13831 10440 1533 955 1695 996 548 537 12 76 9
Piacenza 20 452 152 33 14150 10992 1492 971 1577 1035 561 533 7 68 11
Barletta 21 372 136 37 12908 9197 1609 1036 1765 1125 551 636 18 104 4
Crotone 22 320 116 28 13304 9582 1692 1111 1732 1116 547 602 16 87 5
相関係数 - -0.82 -0.74 -0.73 -0.32 -0.40 -0.64 -0.63 0.04 -0.01 -0.11 0.46 0.55 0.84 -0.91

めんどくさかったですが、エクセルに打ち込んで処理してみましたw
これで順位との相関係数というのを計算していみました。
順位は下がるほどよいので、マイナスの大きな値が、より勝利に貢献する数字、プラスだとよくない数字、
0に近いものは、あまり勝利には関係してこない数字、ということになります。
もっとも順位に関係するのはシュート数(数字的にはクリーンシート数ですが、分析しにくい数字なので)。
やはりシュートを打たないと話にならない。
で、アベルサは・・・最下位レベルですwwww
シュートまでもっていけてないのが順位を上げられなかった理由というのがよく分かるw
次に関係するのはタックル数。
やはり守備でボールを奪取できないと攻撃につながらないということか。
これにボールルーズ率というのがあったら面白かったんだがw
逆に意外と関係なかったのが、ヘディング数。勝敗に直結するわけではなさそうだ。
パス数・パス成功率は、直接順位には関係しなかったが、ミス数・ミス失点数には大きく影響していた。
アベルサは、パス数・パス成功数ともに最下位。
アベルサは、ミスからの失点が最下位と同じぐらい多かったので、やはりDFからMFにかけての
パス精度に問題があるといえそうだ。
この辺が、来季の変更点ということになるだろう。
GKの能力的にはデータに表れにくいのだが、
クリーンシート数がかなり順位との相関が高かった。
これにGKのセーブ数・セーブ率みたいなのがあれば(被枠内シュートと失点の比率)、もっと分かりやすいのですが。
失点が少ない理由が、GKがすごいのか、その前の守備の段階でそもそもシュートを打たせていないのか、
という違いが分からないので。
しかし、GKの補強も手かもしれない。

ちなみに、この分析は今季のセリエB(ゲーム内)のデータに限っての話で、
来シーズンのセリエBでも通用するとは限らない。
もし余裕があったら、次のシーズンも同じ分析をかけてみようと思いますw


というわけで、来季の補強ポイントとしては、
DF陣・MF陣で、中盤から守備で貢献できる(タックルでボールを奪える)かつパスを正確に通せる選手、
ということになるでしょうか。
あと、高さ・ヘディング重視でDFを選んでいましたが、スピード系を補強しようかと思います。

ではまた。
次回は、セリエB2年目突入です!
PR
この記事にコメントする
nametitle
mailtext
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
pass
この記事へのコメント
この記事にトラックバックする
trackbackURL:
この記事へのトラックバック
新着記事
カテゴリー
アーカイブ
検索
新着コメント
[03 / 22 by Kenty]
[02 / 28 by Kenty]
[02 / 13 by Kenty]
[01 / 17 by 湖林]
[01 / 06 by Kenty]
ブックマーク
カウンター
Admax
忍者Admax
忍者アナライズ
アクセス解析
Powered by [PR]
/ Design by sky hine / PR:忍者ブログ