忍者ブログ
Football Managerや KOEIのSLGなどのゲームについて、 つれづれ日記
[PR]
writer:Rakkyo 2017-12-12(Tue)  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Aversa12/13(3) セリエB1年目後半戦突入
writer:Rakkyo 2011-04-24(Sun) FM2011(1)-Aversa12/13 
えー、一つだけ、リアル世界のサッカーについて。

ラウール活躍しすぎwww

前作FM2010プレイでCulturalがRaul獲得しましたが、活躍せずに放出。
まあ、時期も現実のいまより1、2年あと(2012/13シーズン)だし、
周りのプレイヤーのレベルも違うから一概にはいえないが、
ラウールは選手が大幅に入れ替わってバラバラだったシャルケにあって、
最初から一人がんばってチームをひっぱっていた。
ああいうのを期待したんだけどなあ、ゲームでもw
ゲーム内ではバラハとアルベルダのボランチコンビがその役割をしていたと思いますが。

というわけで、セリエB編1年目。年明けからです。

冬の移籍期間・・・

Baltazar「監督、大変です!」
Rakkyo「どうした。世の中にはそんな焦らなければならないことなんてないぞ・・・」
Baltazar「契約更改の交渉をしていたFerriなのですが、来期からLecceと契約することを決めたようです」
Rakkyo「なんだって・・・」

契約期間が半年を切る選手との契約更改交渉を行っていたのですが、
いかんせん赤字続きのチーム。選手の要求する賃金水準を出せないことが多く、
ほとんどが値切り交渉に。
そんな中、1年目に獲得し、攻守にわたってチームを牽引してきたFerriが移籍決定。
これは痛い。
LecceはセリエAに残れるかどうかの戦いをしているチームだが、うちとは1ランク上のチームには違いない。


さらに、これは戦力外のつもりだったCampanellaもセリエC2/Bへ移籍。
またもDF陣が手薄に・・・
今季もレンタルのTraoreが不安定といいながらも頼り切っている状態。
来季は本格的な補強が必要だろう。

そして、追い討ちをかけるように・・・

Cristiano、今季限りでの引退表明

Rakkyo「おー、まい、がっ」

Amoruso、今季限りでの引退表明

Rakkyo「がっでーーーむ」

冬の移籍期間で動けたことは、2年連続レンタルのSB、Restaくんをボスマンで正式に獲得したことだけ。
来季の移籍、どんだけ補強しないといけないんだ・・・


試合レポート。結果を先にあげちゃうとつまらないので、まずは文章でw
イタリア杯は敗退して、リーグ戦だけになっています。

vs Reggina
新年最初の相手は、ぶっちぎりで首位を走るReggina
開始1分に失点。
38分にFerri退場・・・
45分にまた失点。
後半は持ちこたえるもまったく攻められず、シュート3本に抑えられて0-2で敗戦。


vs Modena
ここから後半戦。
開幕ホームで勝った相手だが、徐々に調子を上げてきたチーム。
またも開始1分に失点www
今回はDFでキャプテンのGolliardのオウンゴール。チーム状態を象徴してるなあ。。。
12分にも失点し、もうやる気なしのイレブン。
66分にはTraoreくんが一発レッドで退場。
2試合連続の1分失点&退場者という不名誉な結果に。
試合はこのまま0-2で敗戦。

vs Pescara
現在11位とわずかに上を行くチーム。
ホームで勝って少しでも勝ち点を取っておきたい。

30分、右サイドに開いたAmorusoからのクロスにSucciがヘッドで合わせる。
これはDFに当たるが、もう一度Succiが押し込んで先制。
試合はPescaraが支配する時間が続くが、ロングシュートで枠の外に飛ばしてくれる。

後半も同じような展開。
一度だけ相手に決定機を作られるもGKが好セーブ(結局相手の枠内シュートはこの1本)
その後、こちらの決定機を今度は相手GKがなんとかはじく。
そして試合終了。公式戦6試合ぶりの勝利となった。



vs Cremonese
開幕以来調子を落とし続け、現在18位と降格圏が見えてきているCremonese。
ホームなのでしっかり勝ち点を稼いでおきたいところ。
一方の相手も、降格回避のためには、うちのような調子を落としているチームからは勝ち点を稼ぎたいところだろう。

12分、AriniからSucciにボールが収まったところで、Amorusoが右サイドに開く。するとCDFが一人つられてゴール前にスペースが開く。 そこへトップ下で起用したPorcinoが走りこみSucciからのパスを受けると、きわどいコースを狙って正確なシュートを打ち込み、GKの手を掠めて ゴール。

しかし、後半49分。FKのこぼれ球からドリブルでサイドを突破され、そのままGKのニアを抜かれるシュートで失点。

結局1-1のドロー。
相手の攻撃をほとんどロングシュートにさせていただけに、失点のシーンはもったいなかったが、ホームにしてはこちらの攻めも単調で、追加点が奪えなかったのが痛かった。


vs Cagliari
シーズン中ごろから調子をぐいぐい上げてきたカリアリとのアウェイ戦。
チームの勢いそのままに、シュート数22-5、支配率58-42と完全に押される試合展開。
その割りに2-0で終われたのはまだましというべきか。
枠内シュート9本打たれても2失点に抑えたGKのPerucchiniはチーム唯一の評価7点台(7.2)だった。


vs Cesena
好調チェゼーナとの一戦。
前半9分にCKから失点。
その後は双方決定機0のまま試合終了。0-1の敗戦となった。


vs Barletta
降格圏に沈むバルレッタ。アウェイといえども勝ち点3がほしいところ。
試合は互角だったが、23分にCKからGolliardが挙げた1点を守りきり、勝利。


vs Crotone
ここも降格圏に沈むチーム。ホームだけに何としても勝ち点がほしいところ。
ホームということもあって、久々の3トップ(4-1-2-3)にしてみる。
相手が4-3-2-1の中盤中央を厚くする布陣なので、こちらは長いボールでサイドを狙い、中盤を省略する作戦だ。

16分。MFに入ったPorcinoからスルーパス。これをAmorusoが決めて先制。
34分にはPKを得て、Amorusoがこれを決めて2-0
前半終了間際には相手FWに至近距離からシュートを打たれるも、GKがセーブ。
後半もこちらペース。しかし決定機を作るも、Vinkのシュートが枠を直撃するなど、得点には至らず。
結局2-0での勝利となった。

しかし、この勝利で3トップ回帰論が台頭、チームの基本フォーメーションに関する混乱が生じる結果となった。実際には「格下相手には以前の3トップが有効」という程度であったのだが、これ以降、フォーメーションに関する迷走が始まることになるのであった・・・
この連勝でチームは10位にまで浮上した。


というわけで、年明け以降、ここまでの試合結果。

AN12_Result1-2.JPG

得点者より勝敗の分かりやすいこちらの表示形式で載せました。
ここまでなんとか3勝1分4敗。順位も10位をキープし、さらに上をうかがいたいところ。
なんとかこのペースを守ってシーズンを終えたいところだが・・・

次回、怒涛の○連○・・・乞うご期待w

PR
この記事にコメントする
nametitle
mailtext
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
pass
この記事へのコメント
この記事にトラックバックする
trackbackURL:
この記事へのトラックバック
新着記事
カテゴリー
アーカイブ
検索
新着コメント
[03 / 22 by Kenty]
[02 / 28 by Kenty]
[02 / 13 by Kenty]
[01 / 17 by 湖林]
[01 / 06 by Kenty]
ブックマーク
カウンター
Admax
忍者Admax
忍者アナライズ
アクセス解析
Powered by [PR]
/ Design by sky hine / PR:忍者ブログ