忍者ブログ
Football Managerや KOEIのSLGなどのゲームについて、 つれづれ日記
[PR]
writer:Rakkyo 2017-12-12(Tue)  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


W杯特別編(5) 日本代表、W杯メンバー発表
writer:Rakkyo 2010-06-16(Wed) FM2010-WorldCup2010 
*注:このブログは、PCゲームFootballManager2010のリプレイです。実際の日本代表・サッカー選手・監督などの関係者とは一切関係あ りません。
*お詫び、槙野選手の名前が間違っていました。訂正してお詫びします。

パソコン修理のため、1週間あいてしまいました・・・
その間に、なんと日本は緒戦カメルーン戦に勝利!
おめでとう~
さて、FM2010ではどうなるか!?


2010/1/6 アジア杯予選 vs バーレーン(A)

アウェイということもあって、メンバーはあまりいじらず
GK曽ヶ端
DF駒野、中澤、闘莉王、内田
アンカーに稲本
MF 遠藤、長谷部
WG 松井、中村俊輔
FW 岡崎

というほぼ固定メンバー

だが、17分、CKのこぼれ玉をSalman Essaに押し込まれ先制される。
37分、左サイドを突破した岡崎の折り返しを稲本がシュート。
これはDFに当たってコースが変わるが、そこへ中村俊輔が走りこんでシュート!
同点にする。

後半は日本が圧倒的に支配するも点が入らずドロー。
支配率68-32、シュート数17-9でこの結果に頭が痛い・・・


2010/3/3 アジア杯予選 vs イエメン(H)

今回は大幅に変えてみた
GK 曽ヶ端
DF 長友、中澤、闘莉王、内田
MF 大久保、本田、長谷部、田中達也
FW 巻、森本

Jリーグの2009シーズン、得点王は21点で巻だった。
それを踏まえての初召集。

2分、田中のドリブル突破からクロスが上がり、巻がヘッドで豪快に叩き込んで先制

後半
49分、CKはクリアされるが、これを長友が拾い、まだ残っていた闘莉王へパス。
相手の寄せが遅いのを見た闘莉王は、エリア外からロングシュートを叩き込み2-0にする。

57分、後半から出場した牧野からのロングフィードを森本が受け、
これを追い越す動きをした田中へスルーパス。
DFを完全に置き去りにした田中がシュートを決めて3-0

試合は3-0で終了したが、支配率68-32、シュート16-3と完勝。
テストで出した、槙野、山田直輝もまあまあの出来。

あとは親善試合を2つ残すのみ。

2010/4/7 国際親善試合 vs セルビア(H)

GK 川島
DF 槙野、岩政、闘莉王、内田
MF 大久保、本田、長谷部、中村俊輔
FW 巻、森本

以上のスタメンでいくが、森本が完全に抑えられ攻めの形を作れない。
前半36分に、センターDFの間をスルーパスで通され、シュートをいったん川島がはじくが、
これをさらにつめられて失点。
ボールは支配するものの攻めきれず、シュート11-21と倍近く打ち込まれる結果に。
結局0-1で敗戦。


2010/6/5 国際親善試合 vs カメルーン(H)

GK 川島
DF 槙野、岩政、中澤、内田
MF 松井、本田、長谷部、中村俊輔
FW 巻、岡崎

本来ならば代表は決定してなければならないが、
ゲーム内では直前まで提出しなくていいらしい。
最後のテストマッチはアフリカの勇カメルーン。
リアルではグループリーグで当たる相手。
リアルとはカメルーンとコートジボワールが交換になっている感じ。

試合は5分、左に開いた巻がキープ。ニアに走りこんだ松井へグラウンダーのクロスをいれ、
これを松井がきれいに決めて先制。
だが、今度は岡崎が不発。
ヘディングで一度も勝てないためにボールが収まらずペースを崩す。

前半ロスタイムにエトー、後半開始早々にメヨングに決められ
結局1-2で敗戦した。
支配率、シュート数は互角だっただけに残念だ。




FM2010版日本代表最終メンバー発表!

そして、6月6日、日本代表が発表された。

GK 川口、曽ヶ端、川島
DF 中澤、闘莉王、坪井、岩政、内田、長友、駒野、槙野
MF 長谷部、遠藤、本田、中村俊輔、中村憲剛、小野、松井
FW 森本、岡崎、高原、大久保、田中達也、巻

以上の23名となった。
直前で阿部と稲本が怪我。重要なボランチが2人とも離脱というアクシデント。
そこで、スピード系FW対策として坪井、サイド・センターどこでも出来る槙野をいれてみた。
MFはほとんどリアル代表と同じ。中村俊輔がどうにも不調なのと、
ゲーム内では本田がいまいち乗れてないので小野をスーパーサブとして入れた。
FWは森本、岡崎は直前で不調だったが、若手が現地でブレイクしてくれることを期待してメンバー入り。
巻は直前からの参加だったがポストプレイ役として機能していたので召集。
高原は監督就任直後に5得点の実績がどうしても忘れられずに召集w
大久保、田中の突破力はコンスタントに利いていたのでこれは迷わず召集。

守備専門のボランチ不在という不安材料がある中、次回はいよいよW杯本番です!
(リアルじゃ始まっちゃってるけどw)
PR
この記事にコメントする
nametitle
mailtext
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
pass
この記事へのコメント
この記事にトラックバックする
trackbackURL:
この記事へのトラックバック
新着記事
カテゴリー
アーカイブ
検索
新着コメント
[03 / 22 by Kenty]
[02 / 28 by Kenty]
[02 / 13 by Kenty]
[01 / 17 by 湖林]
[01 / 06 by Kenty]
ブックマーク
カウンター
Admax
忍者Admax
忍者アナライズ
アクセス解析
Powered by [PR]
/ Design by sky hine / PR:忍者ブログ