忍者ブログ
Football Managerや KOEIのSLGなどのゲームについて、 つれづれ日記
[PR]
writer:Rakkyo 2017-02-20(Mon)  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Cultural10/11(6) シーズン終了、結果は・・・
writer:Rakkyo 2010-07-06(Tue) FM2010-Cultural10/11 
シーズンも残すところあと12試合。
現在チームは3位と勝ち点5差の5位。
けが人続出のなか、昇格をかけた最後の戦いに臨む!

4/3に行われた31節のGimnastic戦には3-0で完勝。
そして、2部Bからしのぎを削るAlavesとの一戦を迎える。


2011/4/8 リーグ戦第32節 vs Alaves(A)

2部B時代から争ってきたAlavesとの一戦。
ここまでの対戦成績は2勝1敗で、昨年のリーグ戦ではアウェイで0-3と大敗した相手。

CL110408FM.JPG


10分、いきなりCejudo負傷退場。Chema投入。

24分、GK IkemeのロングフィードにAmorusoがうまくトラップしてフリー。
豪快なシュートをゴール左隅にぶちこんでゴール!

実況「Amorusoは力強いシュートが大好きです!」

Rakkyo「ふかすことも多いけどね・・・・」

だが、相手のトップ下3人の布陣はやっかいでどうしても中央で人数不足に。

後半、De MunorがCB適性も高いので、Chemaを右SBにおく5-4-1へ。
Pedroはトップ下におく。

すると、49分、Amorusoが少し下がって受けたボールをBarajaがいっきにスルーパス。
スピードで抜け出したPedroはDFを置き去りにしてGKと1対1に。
そして、おちついてファー側の隅へきっちりと決める。

実況「Pedroはパスするようにシュート!彼はボールを強く蹴る必要がないことを知っている!!」

Rakkyo「なんなんだ、今日の実況は・・・」
Hill「二人の個性をよく分かっているじゃないですかw」

68分、CKから失点するも、そのあとは守りきって2-1

コンディション不良のSorianoに代わって昨年の守備の中心だったCoteloとBouardが仕事をしてくれた。

CL110408RES.JPG

だが・・・Cejudoが3ヶ月の負傷で今季絶望。
これで二人目の離脱者・・・


スタッフ入れ替え

チームに当初からいたコーチ、Presaと相互契約解除に同意。
代わりに技術系の指導力にすぐれたスタッフと契約。
技術系のトレーニングがやっと星2つから3つになりました・・・

ちなみに、スカウトとしてバルサで活躍したウィング、オルテガと契約。
PA・CA判定ともに15とスカウトとしてても優秀。
主に国内のユース選手スカウトを任せている。


2011/4/17 リーグ戦第33節 vs Huesca(A)

22位のHuesca。下位相手が続く中で確実にとっておきたい。

Rakkyo「相手は降格ほぼ確定のチーム。確実にとっておこう」

で、結果は・・・

0-2で完敗!!

が、ここで敗戦。昇格争いから一歩後退。
勝っていれば3位と1ポイント差につめることが出来ていただけに痛い敗戦・・・

Rakkyo「相手も降格がかかっていると必死になるということか・・・」


2011/4/23 リーグ戦第34節 vs Real Sociedad(H)

そして、その3位、レアル・ソシエダをホームに迎えての一戦となる。

Rakkyo「なんとしても勝って、ポイント差を縮めるんだ!」

が、13分、58分と前後半のいい時間帯に失点・・・

0-2で完敗!!

Hill「ここで2勝していれば3位浮上だったのですがねえ・・・・」
Rakkyo「まだだ、まだ終わらんよ!」


で、次の3試合は・・・

CL10_Result7.jpg

15位Gironaと7位Numanciaとスコアレスドロー。
この時点(残り5試合)で3位とは7ポイント差になっていた。

Rakkyo「今季昇格はついに絶望的か・・・」


2011/4/23 リーグ戦第38節 vs Betis(A)

そして首位を走るベティスとの一戦。

36分、左サイドで起用したBanderaの突破からPedroがゴール!

その後はベティスの猛攻を耐え抜く

が・・・

70分にエリア内でSchmoellerからボールを奪った相手FWにゴールを決められ同点にされると、
75分、80分と立て続けに失点・・・

結果・・・

1-3で逆転負け・・・・・

Rakkyo「これで完全に昇格はなくなったな・・・」


残り4試合

Rakkyo「けが人も多いし、若手のテストをするか・・・」

結果は、
CL10_Result8.jpg

Rayo戦は、試合前、

CL110603Soriano.JPG

とSorianoが檄を飛ばしたのに0-2で敗戦。

最終節のSalamanca戦は一度3点ビハインドから同点に追いつきながらも80分に失点して終了。
2試合続けての打ち合いで3-4の敗戦になった。


シーズン終了の結果

CL10EndLT.JPG

結局、レバンテが優勝。
そしてベティスとマジョルカも昇格。
順当といえば順当な結果でしょう・・・

CL10EndLT2.JPG

結局、7位まで落としたけど、ぶっちぎりの降格候補だったんだからいいよね!?w

CL10EndPL.JPG

マルコス・マルケスもクロアチア代表のビリッチも2部レベルじゃないだろ・・・w
あ、Sporting(5位)もLas Palmas(7位)も残るのか・・・来季のライバルとなりそう・・・
マルケスのほうは評価額750kユーロなので取れなくもない額だが・・・33歳の選手に高額をかけるか微妙。

PedroとAmorusoのコンビはチームを支えてくれました。
でも、Amorusoはもう年齢が厳しいな・・・

というか、得点力はほかと遜色ないのに、失点が多い!
守備の補強が来季へ向けての課題だろう・・・


今季の選手成績

 

名前 出場 得点 アシスト MoM パス成功率 タックル ドリ 枠シュート イエロ レッド 評価
Carl Ikeme 16 (1) - 1 - 62% - - - - - 6.82
Mikel Saizar 4 - - 1 64% - - - - - 7.20
Mahamadou Sidibe 24 - - - 66% 0.04 - - - - 6.80
Pablo De Muner 32 (2) - 1 2 76% 2.74 0.22 - 7 1 6.87
Souleymane Diamoutene 44 2 2 2 75% 2.00 0.07 40% 4 - 7.08
Matteo Longhi - - - - - - - - - - -
Inigo Sarasola 14 (3) - - 1 72% 2.69 0.81 - 1 - 6.89
Gary Kagelmacher 17 2 - 2 75% 2.55 0.06 - - - 7.16
Zak Whitbread 15 (1) 1 - - 77% 1.63 0.07 - 1 - 6.59
Michel Schmoller 22 (5) - 1 1 77% 2.41 0.08 - - - 6.81
Halim Medaci 5 - - - 76% 4.78 0.22 - 2 1 6.74
Lee Eul-Yong 30 (3) - 1 - 75% 3.25 0.51 16% 5 1 6.51
Chema 24 (7) 2 5 - 62% 3.03 1.91 18% 4 - 6.87
Mario Cotelo 14 (9) 3 3 - 78% 3.44 0.16 43% 4 - 6.80
Fernando Soriano 35 (1) 8 6 2 80% 3.88 0.66 40% 6 - 7.10
Ruben Baraja 33 (4) 3 3 - 82% 3.15 0.41 30% 6 - 6.82
David Bouard 2 (7) - 1 - 78% 5.78 0.72 - 1 - 6.76
Mariano Herron 36 (2) - 1 - 81% 4.55 0.20 - 15 - 6.73
Juan Jose Pereira 1 (6) - 1 - 77% 4.34 1.24 - 1 - 6.63
Alvaro Cejudo 18 (11) 5 8 3 55% 2.11 3.34 76% - - 7.09
Pedro 41 22 8 9 60% 1.58 3.46 57% 3 - 7.15
Yahve 7 (2) - 2 - 59% 1.77 2.07 - 2 - 6.58
David Bandera 3 (15) 1 3 - 68% 2.65 1.71 - - - 6.70
Nicola Amoruso 32 (4) 13 14 4 63% 1.45 3.85 59% 1 - 7.11
Nwankwo Kanu 4 (13) 3 1 - 60% 1.66 2.76 41% - - 6.73
Tomas Pekhart 7 (9) 2 - - 59% 1.15 3.82 36% 1 - 6.75
Niccolo Giannetti 3 (8) - - - 67% 1.05 1.57 - - - 6.70

守備のもろさはKagelmacherの離脱が大きい。評価7以上のDFを失ったのはね・・・
Diamounteneも安定していただけに悔やまれる。

あとはHerronがファールが多く、結構そこから調子を落としていたのと、
累積警告で出場できないことでチームのバランスを崩していた。
あまり守備の安定に貢献したかは微妙。タックル成功率もダントツでよかったんだが。

若手ではBanderaがピンポイントで活躍。
Pekhartはホームシックを乗り越え2ゴール。成長に期待。
一方のGiannettiはゴールがなかった。

若手のホームシックが直ったあとは出番が減ったKanuも衰えが目立つが、
結構重要なゴールを決めてくれたと思う。
ドリブル能力でとったのだが、ポストプレイもこなした。

SorianoとBarajaの活躍は予定どおりだが、二人とも30歳を越えスタミナに不安が。
コンディションから途中後退をすることが多かった。

Cejudoはまあまあの活躍。
ただ活躍にムラがあるのが難点ですが。(評価7点台と5点台が交互の時期とかあった)

李乙容(リ・ウリョン)はファールが多く抜かれるシーンも多かったので微妙。
チーム1の高給取りにしては期待はずれか。

あとは新規にとった二人のGKが微妙。

というわけで、来季の獲得ポジション候補は
1.DF(左SB含む)
2.GK
3.若手MF
4.若手FW(ドリブル系)
5.ウィング

という感じでしょうか。
 

 


というわけで残念ながら1年での1部昇格はなりませんでした。
ですが、大幅に選手を入れ替えながらもチームワークを再確立できた結果、
7位で終えたのはよくやったといえるでしょう。

というわけで2年目が終わりました。
次回、3年目なわけですが、
趣味の補強に走ってますw
この総括なんだったっていう・・・
結果的にはちゃんと補強してますけど。

では次回、おたのしみに。

PR
この記事にコメントする
nametitle
mailtext
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
pass
この記事へのコメント
この記事にトラックバックする
trackbackURL:
この記事へのトラックバック
新着記事
カテゴリー
アーカイブ
検索
新着コメント
[03 / 22 by Kenty]
[02 / 28 by Kenty]
[02 / 13 by Kenty]
[01 / 17 by 湖林]
[01 / 06 by Kenty]
ブックマーク
カウンター
Admax
忍者Admax
忍者アナライズ
アクセス解析
Powered by [PR]
/ Design by sky hine / PR:忍者ブログ